本文へスキップ

小学生留学、中学生留学、高校生留学、サマーキャンプ、親子留学、語学留学、海外修学旅行、団体海外語学研修の企画・マネージメントなど、FGEIはカナダ・バンクーバー留学をサポートする会社です

VANCOUVER
フューチャーグローブ教育研究所

留学を考える(留学に関する諸々のこと)item list


オリエンテーション  学校生活  卒業式 

 ★留学エージェントの選び方(高校留学生の理想のエージェントとは?)
 
カナダ留学 中高生の留学 エージェント選び ●慣れない異国の地に住んで生活は大丈夫?
●ホームステイの家族とはうまくいってる?
●学校のことはしっかり出来ているのかな?
●怪我や病気、医者に症状伝えられるの?
●悩み事や心配事を自分で解決できる?

子供の留学には現地でのサポートがしっかりしている会社を選ぼう!

日本にいるときより現地でのことが心配(親が助けられない)

留学中にしっかり面倒を見てくれるエージェントを探そう

留学先に近いところに住んでいるエージェントがいい


・留学する子を持つ親にとって何が最も心配なことだろうか?

留学するとなると、留学する本人も親御さんも、まず、学校の勉強のことを心配されるかと思います。英語だけの授業なのでついていけるだろうか。成績が悪くて落第してしまうのではないだろうか。これらは当然のことだと思います。もちろんカナダでの勉強は大変な努力を必要とします。宿題をし、プロジェクトをこなし、テストで一定以上の成績を納めなければいけません。ですから、留学前の勉強方法や留学してからの勉強方法についてきちんとアドバイスしてくれるエージェントを探さなければなりません。

それから、勉強そのものだけでなく、生活そのものに関しても心配にちがいありません。まだ人生経験の浅い中学生や高校生が、しかも、異国の地で習慣や行動様式も違う人々の中で暮らしていくのです。日本で生活していても、生きていると何かと問題が起きるものです。問題といっても何も大きな事件だけではなく、健康のこと、学校のこと、勉強のこと、友人関係、ホームステイ先でのことなど、日常に起こりうる問題や悩みのことなど様々です。もし、子供が悩んで困っているときは誰かに助けてほしい、と親ならきっとそう思うのではないでしょうか。もちろん現地に居る留学生本人も、誰か頼れる人がそばにいれば安心出来るに違いありません。また、安心感がある故、勉強に身が入り、学校生活や日常生活もエンジョイできるでしょう。

・緊急時の対応こそ大切!

さて、留学している中学生や高校生をいったい誰がヘルプし、問題を解決し、悩みを払拭してくれるかです。

例えば、日本国内から現地の学校や教育委員会に留学生を送り込むだけの会社は留学生の十分なサポートが出来るでしょうか。中には、スカイプでやり取りするから大丈夫、24時間緊急電話体制になっているから問題ない、と謳っている会社がありますが、本当にそれで大丈夫でしょうか。もし、留学生が風邪を引き、病院に行きたいと言ったとき、電話でこうしなさい、ああしなさいと指示しても、英語がおぼつかない留学生がその通り自分でできるでしょうか。ホームステイのホストが家に居て、病院に連れて行ってくれる場合は助かりますが、ホストも共働きをしていて家にはいないこともあります。また、留学生はよく財布や携帯電話をバスの中に忘れたりするのですが、そんな場合も日本からの電話で解決できるでしょうか。カナダのバンクーバーと日本では夏場は16時間の時差、冬場は17時間の時差があります。もし、学校が始まる前の8時に日本に連絡を取りたい場合、日本は真夜中の12時か1時です。日本にいるエージェントはこの時間まで会社に待機しているのでしょうか?これではどうしても無理があるでしょう。お互いにちょうど都合のよい時間を待って連絡出来る場合はいいですが、緊急の場合は対処できません。

 

・留学先にあるエージェントを選ぼう!

英語の壁だけでなく、世の中の事象に対しての対応力が未熟な中学生や高校生が留学する場合、留学先にあるエージェントを利用されるのが安心なのは言うまでもありません。留学先というのは留学する学校に出来るだけ近い場所ということです。例えばカナダのバンクーバーにオフィスがあり、その会社がカナダ全土の学校を紹介していても、留学生が通学する学校の近くに世話人がいないと迅速にお世話をすることはできません。バンクーバーの学校もトロントの学校も紹介しているならば、そのどちらの都市にも留学生の近くに世話人がいるということです。もう少し付け加えますと、バンクーバーにある会社でも、オフィスのある場所によっては迅速できめ細かなサポートはできない場合があります。それはバンクーバーといっても広範囲に及ぶからです。バンクーバーと呼ぶときにはメトロバンクーバーを指す場合と、メトロバンクーバーの中のバンクーバー市を指す場合があります。メトロバンクーバーはバンクーバー市とその周りの市を含めたいい方です。メトロバンクーバーの中では東端に位置するラングレー市やメープルリッジ地区だとバンクーバーのダウンタウンから早くて1時間、ラッシュアワーなど込んでいるときは2時間もかかることがあります。メトロバンクーバーは大変広く、面積は東京都の約1.3倍、大阪府の約1.5倍あります。

 

・現地のことをよく知っているかが問題

留学先の近くにオフィスがある場合でも、お世話をする人がどういう人であるかもチェックポイントです。留学者が留学する場所に住んでいるのですから、現地でのより正しい情報を把握している場合が多いと考えられます。しかし、中には現地に住んでいても、交通の便や買い物の情報などは知っているけれど、留学生が通う学校の情報はほとんど知らないこともあります。カナダの高校というものがどういうものであるのか、授業はどのように進められていくのか、選択科目は何を取ればいいのか、進学のことをどう考えていけばいいのか、またカナダの高校生たちのことなどまでは把握していない素人留学コンサルタントも多いと思います。

その町に住んでいることは最低限必要なことですが、さらには、小中高校生の日常生活や学校生活のことを良く知っているほうが留学コンサルタントとしては適正でしょう。自分の子供が現地の小学校や高校に通った経験がなければ、カナダの学校の授業内容や先生の教え方や子供たちの生活の様子も深くはわからないのではないでしょうか。また、子供を育てたことがない人より実際に育てた経験がある人のほうが子供の行動様式や精神状態をより深く理解できはずです。そういう体験があるほうがより的確なアドバイスすることができるのです。

 

留学は異国の学校で学問を学ぶことだけでなく、その町に住み、生活することも含まれます。中学生や高校生という、まさに思春期真っただ中の子供が生きていくのです。故に、異文化の中で成長していく過程を大切に見守ってくれる。留学生としての目標を達成するように助言を与えてくれる。困ったときは助けてくれる。そういうことを誠実に一生懸命してくれるエージェントが留学を成功させるために必要だと思います。

現地でのサポートがあると謳いながら、ほとんど何もしない留学斡旋業者もいます。
どういうサポートをしてくれるのか、契約前に必ず確認することをお勧めします。


   サポート内容を確認しよう!
 

フューチャーグローブ教育研究所は現地でお世話をする会社です

★現地で子育てをしてきた 
  (プリスクール、幼稚園、小学校、セカンダリースクール、大学のすべてを経験)

★現地校のことをよく知っている 
  (1994年よりカナダ在住・移民)

★学校でのボランティアもした 
  (日本文化の紹介、ランチモニター、遠足の付添いなど)

★地域のボランティアもした 
  (リトルリーグのコーチ、サッカーチームのアシスタントコーチ)

★教育に携わっていた
  (日本で塾講師14年、日本語教師2年、カナダで塾講師2年、家庭教師5年)


「留学を考える」 目次ページに戻る

 このホームページ内の画像を含むすべてのコンテンツを複製、転載、引用することを一切禁止します。

・カナダ小学生留学
・カナダ中学生留学
・カナダ高校生留学
・カナダ夏休み留学
 

留学前の親切な案内サポート
留学中のきめ細かいサポート
留学後の進学サポート
現地で親身になってお世話するから生徒も親も安心!
バンクーバー留学のエキスパート
ゆとりある教育を実践するカナダ
世界で最も住みよい町バンクーバー
素直な子供に育ってほしい
しっかりした教育を受けさせたい
そんな夢が叶うバンクーバー
中学生・高校生留学なら
フューチャーグローブ教育研究所

カナダ バンクーバー 留学
治安の良い、美しい港町
バンクーバー
夏休み 子供英語合宿 あずき王国 英語村
 ★国内英語留学★
『英語で過ごす夏休み』
2018年 夏

7月29日〜8月4日
7日コース
小学生&中学生

まだ海外に行く自信がない人に