本文へスキップ

高校生留学、中学生留学、小学生留学、サマーキャンプ カナダ留学エージェント

VANCOUVER
フューチャーグローブ教育研究所(FGEI)

コーヒーブレイク

英語の歴史

 
 イギリスはさまざまな民族によって入れ替わり立ち代り侵入され、征服されてきました。それらの侵入者の言語が「英語」に大きな影響を及ぼしています。

 もともとイギリスに白人が居住していたわけではありません。最初の原住民は、アフリカ系の肌の色も浅黒く、背が低い、黒い髪の人たちだといわれています。彼らはまだ文字を持っていませんでした。

 その後、オランダドイツのほうからイギリスに渡ってきたのがケルト族です。この人々が白人の祖先なのです。彼らはCelticという言語を話していました。

 それから、かの有名なジュリアス・シーザー率いるローマ軍が西方まで遠征し、イギリスは支配されてしまいました。このころラテン語が流入してきました。

 何世紀か後、ポーランドあたりに住んでいたゲルマン民族の大移動が起こり、イギリスは支配されてしまいました。このゲルマン民族は3つの部族から成り立っていました。The Jute (ジュート族)、The Saxon(サクソン族)、The Angles(アングロ族)です。イギリス人のことをアングロサクソンと呼ぶのもここから来ています。

 また、イギリスのことを England というのは、「Angles + land」(アングロ族の土地)から、「Engla + land」になり、「England」と変化したからです。

 さて、次にイギリスにやってきたのは、viking (バイキング)です。バイキングは北欧スカンジナビア半島からやってきました。そして、スカンジナビア語を持ち込みました。

バイキング

 11世紀後半には、Norman (ノルマン人)が侵入してきました。フランスセーヌ川の河口あたりを「ノルマンディ」と呼びますが、「ノルマンディ」は「ノルマン人の国」という意味です。彼らは多大なフランス語をもたらしました。

 14世紀に入り、イタリアからルネッサンス(文芸復興)運動が起こり、ギリシャ語ラテン語が再び関心を集め、英語に流入しました。ラテン語は最近では学校で教えられなくなりましたが、かつては必修科目でした。

 16世紀には、ドイツ宗教改革が起こり、聖書の翻訳などからも英語が研究されていきました。

 17世紀には英語の辞書が出版され、その後の教育の普及とともに英語の文法や語彙もまとめられていきました。

 今や世界中の人々が英語圏にも住むようになり、それらの人々の母国語も英語に影響を与えています。また文化や経済の行き来によってもたらされた言葉も多いです。

 英単語のつづりがややこしくて論理的でないものがたくさんあるのは、他国からの言葉の流入とその影響を受けているからといえるでしょう。

Builder Clinic★フューチャーグローブ教育研究所★

FGEIは1994年にバンクーバーで設立された日本人の会社

●留学前の親切な案内と手続き
●留学中のきめ細かなサポート
●留学後の進学アドバイス

小学生・中学生・高校生留学のエキスパート
現地で親身になってお世話するから生徒も親も安心!
◆ゆとりある教育を実践するカナダ
◆それでも教育レベルが高いカナダ
●治安のよい地域で、しっかりした教育を受けさせたい、そんな夢が叶うバンクーバー
●世界で最も住みよい町の一つと評価されているバンクーバー